人工知能(AI)のあまり語られていない『不都合な真実』

1:2017/02/23(木) 18:30:56.47 ID:

www.businessinsider.jp/post-827

「今の機械学習ベースの人工知能(AI)には、そもそもあまり語られていない『不都合な真実』があるんです」。
そう話すのはヤフーのチーフストラテジーオフィサー(CSO)安宅和人氏。今、AIが語られる時に必ず出る文脈が
「AIはどこまで人間の仕事を奪うのか」という点だが、安宅氏は 「AI vs 人間のように語ること自体、そもそも間違い。
業務の何かが自動化されることは大量に起こるが、大半の人間の仕事がまるごと消えることは起きない。むしろ新しい仕事が色々増える可能性が高い」と話す。

そもそも「不都合な真実」とは何か。
安宅氏は日本ではAIに関する認識が大きく「ずれている」と指摘する。万能のように思われているAIだが、
そもそもAIは計算環境と機械学習(深層学習を含む)、自然言語処理などの情報科学、訓練データを組み合わせて人間が実現を目指す
ゴール(「イデア」と安宅氏は表現する)に過ぎない。実際、「できない」ことはたくさんあり、むしろ、人間に比べてできることは限られている。
ただ、できることが極端によくできる、そのことが万能に近いと誤解されているのだと。
「多くの仕事は大局的には問題解決です。まずは、どうなりたいか、という姿や目標、志を決める。現状を見立て、解決すべき点(問題)を整理する。
問題を切り分け、それぞれ分析し、全体を俯瞰し、結論を出す。その上で、『こうやればいいよね』と関係する人たちに伝える。AIには意思がないので、
人間が『こういう軸で判断をしてね』と目的を与えないと動けない。また、そういう『ガイドラインに沿って数値目標を単に設定する』とかではなく、
『そもそもどうすべきだ』『この事業はどんな形にしていきたい』などという複合的かつ定性的で心に響くビジョンや最終型のイメージを描くことはAIには望むべくもありません」
「今、述べた問題解決の多くの段階でAIは『人間のように知覚する』ことが必要です。しかし、知覚は人間の身体(からだ)がなければできないことが随分多い。
色や肌触り、味といった質感を得るには我々の身体を通した入力が必須です。我々と同じような知覚センサーを同じような密度で持つ、
同じような固さや同じような動きをする身体で得ないと同じような入力にはならないからです。更に『知覚』は脳の中にしかありません。
例えば、色や味、肌触りは物理量ではないのです。つまりAIは、わりと素朴な理由で、我々人間とは置き換えられないのです」
「また、我々の仕事の大部分は生産現場であろうが企画/販売の現場であろうが『対話』です。でも、AIには常識と呼ばれる
我々の判断を置き換えることは極めて困難です。人がひとり入れ替わるだけで変わるような微妙な状況のセッティングや
過去の経緯などのコンテキスト(文脈)を理解するのは当面ほぼ不可能です。したがって、正しいタイミングで、正しい相手に、
正しく問いかけることはそのまま我々の仕事として残ります」
「意味を与えるのは人間なのです。AIには常識と文脈を踏まえた判断もできないし、人に伝える力もない。みなさんが思っているような問題解決マシーンじゃないんです」

「AI=ドラえもん」は日本の非常識?
総務省の調査(「ICTの進化が雇用と働き方に及ぼす影響に関する調査研究」平成28年)によると、日本の就労者の抱くAIのイメージは
「コンピューターが人間のように見たり、聞いたり、話したりする技術」(35.6%)であり、「コンピューターに自我(感情)をもたせる技術」(27.4%)だという。
安宅氏は、こうした傾向は日本にかなり色濃く存在するバイアスだと指摘する。
AIといえばヒューマナイズした姿だけを当然のように妄想しているのは日本特有だと思います。AIと表裏一体の構造にあり、現在の革新のもう1つのドライバーである
ビッグデータがもたらしている変化に目を向けたり、AIと呼んでいるものの実体に目を向けず、
AI、AIとばかり言っているのも極めて危なっかしい。AIと言った時にイメージしているものも、欧米とは相当違う。他の国の人の多くはもっと
コンピュータやソフトウェアによる情報処理、自動化だとちゃんと理解している人が多い。人工知能といって、いま生まれつつある変化として、
ドラえもんみたいなのを想定するというのは、夢としては正しいが、危な過ぎると言わざるを得ない」

(続きはサイトで)


4:2017/02/23(木) 18:35:24.55 ID:

被害妄想と言うか仕事したくないやつが妄想してるだけだろ


75:2017/02/23(木) 20:01:39.03 ID:

そもそも仕事のルーチンなんて一定じゃないんだからAIで代用するのは無理
そのためにAIロボット開発するくらいなら人雇った方が安い


78:2017/02/23(木) 20:02:53.67 ID:

>>75
IT、と同じでAIって言い方が広義すぎる気がする
ロボットで代替はできなくてもソフトで代替はすでに進行中だし、経理とか


85:2017/02/23(木) 20:12:34.73 ID:

そもそもAI普及で将来仕事が無くなると煽っているのは誰だよと


138:2017/02/23(木) 21:27:22.90 ID:

早く仕事という概念がなくなってほしい
必要なことに時間を費やせる社会になってもらいたい


162:2017/02/23(木) 21:54:20.06 ID:

そもそもAIがやばいのは完璧じゃない所だ
完璧だったら世の中をいい感じに支配してくれる。
そうじゃなくて人間の意識でコントロールできるからやばい
私利私欲に使わない理由が無い


191:2017/02/23(木) 22:49:50.07 ID:

これからはお前らもバカにするyoutuberやインフルエンサーだけが生き残るよ
仕事はAIと一部の天才がやる
残された道は「魅力、人気」だけ。

つまりアーティストだね。それらは最後まで残る。


196:2017/02/23(木) 23:09:23.85 ID:

AIは人間の脳に限りなく近い存在という定義のはずだったが
なんだか単に曖昧を判断できる程度の高度なアルゴリズムがAIになりつつある
そんなもんで人間の仕事が奪えるとはとうてい思えない
せめてAIがにちゃんに書き込みして人間と議論するようになるくらいにならんと無理


244:2017/02/24(金) 07:50:11.36 ID:

つか、どんなにAI技術が高くなってもターミネーターのスカイネットみたいにはならないの?どのようなコンピュータならスカイネットのような事ができるんだろ?


src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">