バトルロワイアルの原作者wwwww

1:2017/01/09(月) 05:26:56.29 ID:
著作

バトル・ロワイアル – 太田出版、1999年4月 ISBN 978-4872334524
バトル・ロワイアル – 幻冬舎文庫、2002年8月 上巻:ISBN 978-4344402706 下巻:ISBN 978-434440271

ヒエッ・・・


3:2017/01/09(月) 05:27:57.78 ID:

どゆこと?


9:2017/01/09(月) 05:29:10.18 ID:

>>3
>>4
これ一作の印税で一生食うに困らんようになったってことちゃう?


4:2017/01/09(月) 05:28:24.96 ID:

これしか書いてないってこと?


15:2017/01/09(月) 05:30:37.53 ID:

そんな売れたイメージないわ


26:2017/01/09(月) 05:35:09.26 ID:

>>15
いうてこのジャンルの走りやろ
漫画アニメラノベゲームにデスゲーム物流行らせた戦犯やで


31:2017/01/09(月) 05:36:43.83 ID:

>>26
これ出てすぐってより10年くらいしてからバカスカ増えた印象や
読者が成長してクリエーター側になったんかね


35:2017/01/09(月) 05:37:49.65 ID:

>>31
せやな
ここ数年のデスゲーム乱舞はどこら辺から始まったんやろ?なんか気付いたら増えてたが


19:2017/01/09(月) 05:32:47.27 ID:

力あるけど文章が小説家の文章ではなかったよな
シナリオライターみたな文章やった


23:2017/01/09(月) 05:34:06.67 ID:

バトルロワイアル2とブリッツロワイヤルとかいうとんでもないクソ


27:2017/01/09(月) 05:35:12.95 ID:

>>23
2は監督も悪いやろ
リアル感無いというかセットで撮影してる感ハンパなかったし


33:2017/01/09(月) 05:37:03.80 ID:

山田なんとかが書いたのかとおもっとった。
リアル鬼ごっことかの。
ちがうんか…


42:2017/01/09(月) 05:39:45.85 ID:

>>33
クオリティの差が松井と大田やぞ


41:2017/01/09(月) 05:39:34.94 ID:

龍騎もデスゲームのはしりやない?


68:2017/01/09(月) 05:45:46.85 ID:

ハンガーゲーム知らんのやけどそんなに似とるんか?


76:2017/01/09(月) 05:48:13.75 ID:

>>68
24人が生き残りをかけて戦うって部分だけやね
支配者が12の地区を支配するために毎年開催されるゲームで生き残った主人公が反乱軍になって政府を倒すって内容や


84:2017/01/09(月) 05:49:43.67 ID:

>>76
なんかやたらとシリーズあるけどちゃんと政府倒せたん?


110:2017/01/09(月) 05:57:15.15 ID:

>>84
倒せたやで
黒幕は大統領だけやなかったって落ちや


78:2017/01/09(月) 05:48:26.60 ID:

思えばこれも世紀末か
あの頃はゲームも漫画も音楽も全体的にちょっと陰鬱な雰囲気やな


87:2017/01/09(月) 05:50:20.58 ID:

微妙に戦犯漫画版の作品かもしれん
漫画版がもっときれいな絵だったらもっと大流行してたかも


94:2017/01/09(月) 05:52:47.07 ID:

>>87
あれはあのグロ絵やから当たったんやろ


117:2017/01/09(月) 05:59:45.72 ID:

バトルロワイヤルと同じ月に
貴志祐介もクリムゾンの迷宮という
バトルロワイヤルもの書いたのになんで差がついたんやろな
当時2chではどっちがいい論争あったのに


129:2017/01/09(月) 06:02:11.36 ID:

>>117
映像化されてへんししゃあない
黒い家も本は売れたけど映画のほうは大竹しのぶが乳しゃぶれ言うてるぐらいしか覚えてないし


145:2017/01/09(月) 06:07:37.93 ID:

>>117
めちゃくちゃ面白いけどクリムゾンの迷宮は全然別ベクトルやん
むしろゲームブックとかそっち側やし
バトルロワイヤルものと言うほど率先して●し合うわけじゃないし見た目が化物に変わっていって怖くて戦うとか意味不明すぎるやん
しかもそれがたったの3日間とかのうちやろ
最後は毒蛇に噛まれて嵌めた女が敵やったって気付くとか面白かったけどバトルロワイヤルではないわ


120:2017/01/09(月) 06:00:38.59 ID:

齋藤智裕 著作 
KAGEROU(2010年12月15日、ポプラ社)ISBN 978-4591122457 ポプラ社小説大賞受賞(賞金2000万円)

以上


130:2017/01/09(月) 06:02:11.41 ID:

今見たら藤原竜也で笑ってしまうからダメかもしれん


131:2017/01/09(月) 06:03:08.47 ID:

貴志祐介作品は恵まれた序盤から糞みたいなラストを放ちすぎだからしゃーない


139:2017/01/09(月) 06:05:08.79 ID:

当時の武田鉄矢は今と違ってまだ猫被ってたからな
バトロワやってくれんやろ


146:2017/01/09(月) 06:07:41.13 ID:

あの世界って日本が戦争に勝ったから未だに大東亜なんちゃらって名乗っているんやろ
戦争に勝った世界なのに治安の悪さと失業率の高さはなんやねん


168:2017/01/09(月) 06:15:23.13 ID:

リアル鬼ごっこの原作者wwwwwwwwwwww
やる気ありすぎィ!


170:2017/01/09(月) 06:16:06.49 ID:

バトロワがデスゲーム作品の中でも特に古くから有名なのは間違いないだろうけど
昨今のデスゲームブームとは時代がちょっと離れてる気がする


174:2017/01/09(月) 06:17:10.06 ID:

2000年前後は安藤政信が天下とる思ってたんやけどな


176:2017/01/09(月) 06:17:34.29 ID:

デスゲームの普及は王様ゲームあたりからだと思うぞ


182:2017/01/09(月) 06:18:58.55 ID:

デスゲームの元祖はcubeやろ


197:2017/01/09(月) 06:23:05.45 ID:

だから最近のデスゲームものはまあバトロワの影響も多少あるかもしれんけどダイレクトに続くブームの一環ってわけではないんちゃうかと思う


198:2017/01/09(月) 06:23:07.18 ID:

単純にバトロワに影響受けた世代が漫画描き始めたからやろ
今30前後の奴ら


201:2017/01/09(月) 06:24:13.86 ID:

90年代の太田出版のセンスってずば抜けてるよな
サブカルチャーに対する目利きがやっぱり半端じゃないと思うわ

叩かれがちやけど当時のQJは今見てもオモロイし
なんであんな緩くなったんやろか


1 個のコメント

  • 原作が一番なのは言うまでもない、二番は漫画のヤツ、映画はコレを元ネタにしたコントとして見るべきもの
    むかし新年に芸能人がやってた、テレビのかくし芸のうちの一コーナー的に見ると良い

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。