【悲報】ムーアの法則、2021年で崩壊か

1:2016/08/19(金) 07:28:08.89 ID:

◆2021年、ムーアの法則が崩れる?

「集積回路の実装密度は18カ月ごとに2倍になる」。
このムーアの法則は、1965年にインテル共同創業者のゴードン・ムーア氏が唱えた。

経験則だが、集積回路(半導体)の歴史はこの法則を、回路上のトランジスタやリード線といった素子を微細化することで実現してきた。
時間とともに技術は進歩し集積回路は高密度化し、それが結果として高性能化、高速化と低価格化を伴う。

18カ月で2倍、つまり3年ごとに4倍の容量のメモリチップが登場する。
15年で1024倍になり、たとえば同じ価格のメモリモジュールが1Mバイトから1Gバイトになる。

18カ月というサイクルは、厳密に言えば近年は崩れているが、驚異的なペースでの集積回路の高密度化は続いている。
集積回路が誕生したころから、我々はそれが当たり前だと思ってきた。

しかしこの法則は、2021年、つまりあと5年で崩れるという。
米国半導体工業会(SIA)が出した「2015年の半導体国際ロードマップ」と題するレポートで予測されている。

目に見える大きさから始まった集積回路は2016年現在、10nm(ナノメートル)プロセス、つまり素子1個の幅が1億分の1メートルという精密さで作られている。
これが2020年には半分の5nmプロセスになるという予測もあるが、物質を無限に分割することはできず、いずれ原子の大きさという壁にぶつかる。

トランジスタは、原子の格子構造によって電流(電子)を制御する。
5nm付近になると原子1個(およそ0.1nm)の大きさが影響を与えてくる。

回路を流れる電流、つまり移動する電子も、リード線の幅に対する抵抗や、物理学上の不確定性原理や、その他さまざまな理由から影響を受け、電子回路が実現できなくなる。
集積回路が原子や素粒子からできていることを考えれば、いつかは来る限界だとわかっていたが、ついにその限界が2021年に訪れるというわけだ。

では、どうなるのだろうか。
これまで何度も、ムーアの法則は物理的な限界を迎えたと考えられてきたが、そのたびに技術革新によって乗り越えられてきた。
だが今度の限界は、回避できそうにない。

ここで、発想を転換すれば解決できるのではないか。
回路を微細化しなくても、要するにシリコンウエハー上の同じ面積に、より多くの回路を詰め込めればいい。

具体的には、3次元方向に回路を展開する。積み重ねた薄膜上にそれぞれ回路を作り、相互に接続するなど、さまざまな3次元回路の製造法が模索されている。
発熱やコストの問題があるが、それも技術革新が解決するだろう。

こうして、2021年以後も見かけ上はムーアの法則が継続することになるかもしれない。
だが3次元回路にも、いずれ限界はやってくる。
そのときは、なにが待っているのだろうか――。

解説図:ムーアの法則の一例を示すグラフ(Wikipediaより)

ITmedia ニュース 2016年8月16日(火)11時44分
headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160816-00000031-zdn_n-sci


9:2016/08/19(金) 07:43:14.37 ID:

>>1
フラッシュメモリの微細化に携わっていきたけど10ナノでもう完全破綻してたからな。
フラッシュメモリが三次元に方針転換した以上他の製品も追随していくだろ。


2:2016/08/19(金) 07:28:32.87 ID:

インテルのcpu


3:2016/08/19(金) 07:29:47.82 ID:

3大ムーア
ロジャー・ムーア
デミ・ムーア
デスタムーア


4:2016/08/19(金) 07:30:04.08 ID:


5:2016/08/19(金) 07:32:44.74 ID:

もうとっくに崩れかけてる
回路の線幅が原子の大きさに近づいていくんだから当たり前


6:2016/08/19(金) 07:33:09.14 ID:

え、とっくに崩れてると思ってたわ。


7:2016/08/19(金) 07:35:23.47 ID:

記事では「実装密度」って書かれてるけど解釈が色々あったんだよ
処理能力が2倍とか、それから転じてクロック数が2倍とか


8:2016/08/19(金) 07:37:18.92 ID:

ヒートシンクの形したcpu作れば勝つる


12:2016/08/19(金) 07:49:55.63 ID:

経験則とか・・・文系かよ
ヒヤリ・ハットとかアホなこと言ってろよ


15:2016/08/19(金) 07:55:23.50 ID:

×「ムーアの法則」○「ムーアの目標」


27:2016/08/19(金) 08:10:36.43 ID:

40年前に、電話線使って14400bpsで通信すると言った人は周りからバカにされたんだろうね。


34:2016/08/19(金) 08:16:23.22 ID:

ウエハース構造


44:2016/08/19(金) 08:22:07.69 ID:

今思うと俺の用途だと8086で十分だったわ


48:2016/08/19(金) 08:28:04.94 ID:

永遠に右肩上がりしろとか、ドコの営業部長かとw


52:2016/08/19(金) 08:29:15.45 ID:

いまどきだと大半のユーザーは速さより省エネと発熱防止のほうが意味あるんだろうな。


75:2016/08/19(金) 09:22:48.74 ID:

マジでオワコンだよなぁ
cpuの性能も上がらないし、HDDも容量の上限は増えたけど、上位の10TBが5万とかのふざけた値段だし


88:2016/08/19(金) 09:57:06.97 ID:

これ勘違いしてる奴が多いけど
崩れる法則は「2倍」の部分であって、減るんじゃなくて増えるから崩れるって話なんだけど

記者自身がよくわかってないとこうなるの見本みたいな話だな


108:2016/08/19(金) 10:39:17.65 ID:

次は四次元回路だ


121:2016/08/19(金) 11:42:36.61 ID:

クーラーのきいた部屋から外に出ると

ムーアっとするな


124:2016/08/19(金) 11:56:44.18 ID:

電子が原子核の周りをグルグル回っていることは無学なお前らでも
知っていることと思う。

しかし電子の軌道が決まっていることはお前らは知らないだろう。

軌道が決まっているという事がどれだけ不思議な事か説明してやろう。

決まった軌道の間で電子が発見されることは絶対に無い。

原子核と電子を太陽系にたとえれば、地球が金星の軌道に瞬間移動する
のと同じ。

金星の軌道に向けて移動中の地球は絶対に発見されない、というか存在しない。


131:2016/08/19(金) 12:26:57.00 ID:

おまえらに聞きたいんだけど
今どきのCPUの能力って何で計ればいいの?
昔はクロック数とか128ビット級とか言ってたけど


147:2016/08/19(金) 15:34:42.62 ID:

そんことを言い出すと
「キーボードを打つ速度はタイプライター以来同じ」
って言えるけどね


149:2016/08/19(金) 15:46:24.16 ID:

ちょっと前まで65nmだったのが今や14nmの配線ルールだという。
つまり、寸法が4分の1になったのだから、トランジスタの数は
チップ面積が同じなら16倍になったはずだ。
ところが、Core2Quad 6800 Q から Corei5 6400 になって、
16倍になったという気がまるでしないのだが、どうなっているのだろう。
どちらも4コアのCPUだし、キャッシュだって大きくもない。


150:2016/08/19(金) 15:52:32.46 ID:

微細化の恩恵は企業の収益にまわされてるんだよ


151:2016/08/19(金) 15:57:47.25 ID:

電子や陽子を分割して組み直し小さな人工元素で配線すればまだ集積度は上げられる。


174:2016/08/19(金) 19:25:54.16 ID:

この予想何回目だよ