【悲報】サラリーマンの小遣い、1979年以降過去3番目に低い額に

1:2016/08/04(木) 09:42:17.01 ID:

news.nifty.com/article/item/neta/12125-278688/

独身だと給料は自由に使えるが、結婚するとそういうわけにもいかず、お小遣い生活がスタートする。
しかも、子どもの成長や住宅ローン、収入の減少などに合わせて、月々の額はいとも簡単に変わってしまう。
もらえるだけありがたいのかもしれないが、本音では「もっと欲しい」と思っている人も多いはず。

もっともらう増額交渉をするためには、お小遣いの相場を知りたいところだ。新生銀行は、20代から50代の有職者の
男女約2300名を対象にした「2016年サラリーマンのお小遣い調査」を実施し、その結果を取りまとめた。

■お小遣い額は過去3番目に低い金額
男性会社員の毎月のお小遣い額は前年比231円微増の3万7873円と、前年とほぼ同水準。1979年の調査開始以降3番目に低い
金額となった(最低額は1982年の3万4100円)。「子どもがいる」と答えた男性会社員について子どもの学齢別にみると、
社会人のみの世帯が4万円を超えている一方、未就学児/小学生世帯、中高生のみの世帯では3万円を下回っており、
子育て・教育費の家計への負担が読み取れる結果となった。女性会社員のお小遣い額は前年比966円減少し、3万3502円となった。

■昼食代は前年とほぼ同水準
男性会社員の1日の平均昼食代は、前年比14円減少の587円となり、前年とほぼ同水準となった。年代別では、
30代・40代が600円を越える一方で、昨年最も高かった20代の昼食代が528円へと174円減少している。
女性会社員の昼食代は前年比8円微増の674円となり、こちらも前年とほぼ同水準となった。

■男性会社員の1回の飲み代は、外に飲みに行く人が5102円、自宅で飲む人が2734円
男性会社員の1回の飲み代は5102円と、自宅で飲む方の2734円より2000円以上高い結果になった。
1か月の平均飲み回数は、2.3回と前年とほぼ同様。1回の飲み代と1か月の平均飲み回数から算出した1か月の飲み代は、
前年比50円増加の1万1765円となった。女性会社員の1回の飲み代は3915円で、自宅で飲む人は2450円となった。

■消費税率8%への引き上げから2年経過するものの、引き続き高い負担感
2014年4月の消費税率8%への引き上げから2年が経過したが、男性会社員では、負担に感じている層が74.4%、女性会社員では82.5%と、
負担感は昨年に続き高い水準となった。昨年に続いて物価の上昇が家計を圧迫するのを背景に、なお厳しいお財布事情が明らかになる
結果となった。消費税が8%アップして2年以上経過したが、負担感の大きさは今なお変わらず。この状況ではお小遣いの増額など望めそうにもないが、
諦めず粘り強く交渉するしかない。ひたすら粘るのみである。

文/編集部


2:2016/08/04(木) 09:43:54.67 ID:

そして妻はヒマなママ友と高級ランチへ

まさかね?


6:2016/08/04(木) 09:55:10.70 ID:

>>2
いやそのまさかwww


3:2016/08/04(木) 09:44:18.19 ID:

仕事が終わったら、プライベートを大切にする、だの
夜は家族で内ごはんが流行ってるって言うてますやん


4:2016/08/04(木) 09:51:24.52 ID:

しぬまで働けw


5:2016/08/04(木) 09:52:41.44 ID:

独身はいいぞ
独身ならお金は使い放題だ


8:2016/08/04(木) 09:55:37.16 ID:

>>5
禿同。


9:2016/08/04(木) 10:06:24.94 ID:

>>5
独身だって老後分の蓄えは必要だろ
身寄りがなくなるってことは金で介助を頼まなきゃならなくなるんだし


7:2016/08/04(木) 09:55:27.78 ID:

可処分所得が減りすぎて、デフレへ逆戻りかな?


29:2016/08/04(木) 11:12:57.36 ID:

飲みで5000円って高い店に行きすぎだろ
飲み放題であれば3000円で充分


32:2016/08/04(木) 11:21:53.33 ID:

>>29
旨い肴で飲みたいしな
客単価によって客層も変わるから、気持よく飲める保険でもある


46:2016/08/04(木) 13:29:40.02 ID:

アベノミクスとは格差拡大である

         民主政権→自民政権

一人当たりGDP  18位 → 26位
エンゲル係数    23.5% → 25.0%
貯蓄ゼロ世帯 1421万世帯 → 1889万世帯
物価          99.6 → 103.5
実質賃金       99.2 → 94.6
実質消費       301兆円 → 299兆円
GDP         59572億$ → 44126億$
報道の自由        40位 → 72位
富裕層上位40資産  7.2兆円 → 15.9兆円

実質賃金指数
2009年 98.7
2010年 100.0
2011年 100.1 +0.1
2012年 99.2 -0.9
2013年 98.3 -0.9
2014年 95.5 -2.8
2015年 94.6 -0.9
:origsssss


50:2016/08/04(木) 14:25:08.69 ID:

>>46
でも民主党に投票する人は居ないよね・・ (´・ω・`)


51:2016/08/04(木) 15:02:19.53 ID:

>>50
あいつら日本労働者の為の政党じゃなくて
海外、特に特定アジアの為の政党だからな

ネオリベ無国籍租税回避企業の為に一票入れるか
特亜の為に一票入れるか
日本の選挙は大体そんな感じ


63:2016/08/04(木) 17:34:23.00 ID:

奥さんの毎昼ランチ代の合計に対し旦那の小遣いが何%なのかを数値化するのも重要かと。


65:2016/08/04(木) 17:59:17.20 ID:

安い牛丼屋は280円で当時より安い。
居酒屋も100均が出だしたし当時より安い。
回る寿司も100円のまま。
発泡酒100円以下なんて当時より安い。
ガソリン代も上がってない。
100円はさすがに消えたけど100円マックに近い物も未だ沢山。

商品価格が落ちているから実質そんなに小遣いが減ってる感じがしないというのが
リーマンの本音だろうな。


74:2016/08/05(金) 11:13:25.23 ID:

人間の幸せウンヌンの話は別にして
金銭を考えるなら絶対に独身がいい。
子供2人いる友人の貯金額を聞いたら
ほんとに老後大丈夫か心配になった。
(友人 42歳貯金300万円)


src="//pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js">